映画「楽園」から考える人間の残酷さ

「悪人」「怒り」などのベストセラー作家・吉田修一の短編集を実力派キャストで映像化した映画「楽園」。ある一つの事件をきっかけに3人の運命が交差していくサスペンス大作です。「64 -ロクヨン-」「ヘヴンズ ストーリー」の鬼才・瀬々敬久監督が自ら脚色しました 。

あらすじ

青田が広がるとある地方都市の夏。Y字路で少女が失踪した事件が発生。直前まで一緒にいた紡(杉咲花)は罪悪感を抱き続ける。

12年後、同じ場所で再び少女が消えた。疑いの目は容疑者の青年・豪士(綾野剛)に向けられる。追い詰められた彼は、思わぬ行動に出る。

1年後、Y字路に続く集落に住む善次郎(佐藤浩市)は、村おこしの事業がこじれて村八分にされ、孤立を深めた末に正気を失っていく…。

孤独な青年の行方

主人公の青年・豪士は周りから“除け者”にされています。彼はY字路で起きた少女失踪事件の容疑者として扱われ、解決しないまま12年が経ちます。同じ場所で再び事件が起き、犯人と疑われた豪士。追い詰められた彼は、思いもよらない行動に出ます。

孤独な男が選んだ行動は、壮絶で苦しくて悲しいものだと思います。綾野剛の名演技が心にしみます……。彼の行く末を、見届けてください。

残された者の葛藤、成長ーーそして未来への希望

Y字路で起きた少女失踪事件。被害者の少女と直前まで一緒にいた紡は、心に深い傷を追いました。親友が行方不明になったしまった悲しみ、恐怖は計り知れないですね。

それから12年後。彼女は後方から迫る車に動揺して転倒。慌てて運転席から飛び出してきた豪士に助けられました。彼は笛が破損したお詫びにと、新しい笛を弁償してくれました。

お互いの不遇を共感し合い、豪士のやさしさに心を開いていきます。豪士のある行動を経て成長する紡。若手注目女優・杉咲花の力強く、未来への希望を感じる演技に圧倒されてしまいます。

孤独な男の絶望と狂気

Y字路に続く先の集落に住む男・善次郎。妻に先立たれ、いまは愛犬とともに静かに暮らしていた。ところが、村おこし事業をめぐるトラブルから村八分になってしまいます。何をするにも村から嫌がらせを受け、居場所を失い孤立を深めていきます。やがて善次郎は狂気の末、ある凶行に出てしまう…。

私的に必見なのは、瞬きをせずじっと地面を見つめ、おもむろに土を食べるシーンです。善次郎演じる佐藤浩市の実力を改めて思い知ることができます。

終わりに

この物語はとても残酷で、観ていてしんどい気持ちになるかもしれません。普段、ドラマや映画の事件はすっきりと解決することが多く、晴れやかな気持ちになることが多いですね。しかし、この作品はそう簡単には行きません。人間の愚かさ、醜悪さ、不条理さを思い知ることになります。「これが現実なのだ」と暗澹たる気持ちになるでしょう。

それでも前を向いて、杉咲花演じる紡のように強く生きていきたいですね。