口コミが成功の秘訣!純粋に作品の面白さだけで大ヒットした『カメラを止めるな!』
ⒸENBUゼミナール

低予算の作品でも、内容が面白ければ口コミで評判が広がり、大ヒット映画に化けることがある。
人気スターが出ていたり、有名な原作や人気監督でもないなら、その価値は純粋に作品の面白さだけにあると言えるだろう。
2017年に公開された『カメラを止めるな!』はまさしくそのパターンで、社会現象まで巻き起こしたことは記憶に新しい。

ゾンビ映画の撮影中に本物のゾンビが出現!

とある自主映画のクルーが山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。
リアリティにこだわる監督はなかなかOKを出さず、現場は息詰まった空気に。
そんな中、キャストたちはこの廃屋にまつわる都市伝説を耳にする。
すると、なんと本物のゾンビが現場に現れ、撮影クルーに襲いかかり始める。
しかし、監督は嬉々として俳優たちにカメラを向けて撮影を続行。
撮影クルーは次々とゾンビ化し、撮影現場はパニックに陥っていくのだった…。

ほぼ無名だった出演者たちも一躍有名に!

異色のホラーコメディで、東京2館での上映から全国公開に拡大されてロングランヒットを記録。
国内外で注目を集めて数多くの賞を受賞している。
本作で劇場長編デビューを飾った上田慎一郎監督とともに、撮影時はほぼ無名だった出演者たちも一躍スポットを浴びることとなった。

見終わったあとすぐに見返したくなる仕掛けが

世の中には無数の映画があり、既にすべてのパターンがやり尽くされてきたと思っていたが、「まだこの手があったか」と驚かされるアイデアで観客を楽しませてくれる。
しっかりと練られた構成で低予算映画のクルーがゾンビに襲われる姿を見せる本作は、見終わったあとにすぐ、もう一度最初から見返したくなるハズだ。

放送情報

スターチャンネル2

2020年10月16日(金)14:00~15:45
2020年10月19日(月)23:00~24:45