『ミッドナイトスワン』草彅剛の熱演で話題の1作
©2020 Midnight Swan Film Partners

草彅剛がトランスジェンダー役を演じたことで話題の作品『ミッドナイトスワン』をご紹介します。

草彅剛が演じる“母の愛”

『まく子』『台風家族』と、昨年から家族をテーマにした作品への出演が続く草彅剛が本作で演じたのは、親戚の少女を引き取り母性に目覚めるトランスジェンダー (生まれたときの性別と異なる性を生きる人) の役。本作で女優デビューとなる服部樹咲(みさき)が演じる少女と母子のような関係になり、それぞれの孤独と戦いながら生きる物語です。

74333c855515e13545d4adc283348ce4 1024x683 - 『ミッドナイトスワン』草彅剛の熱演で話題の1作
©2020 Midnight Swan Film Partners

 新宿のショーパブで働く凪沙(なぎさ…草彅剛)のもとに、中学生の一果(いちか…服部樹咲)がやってきます。母・早織(水川あさみ)から虐待に遭っていた彼女は、親戚である凪沙を頼ってきたのです。実家から振り込まれる養育費を目当てに引き取ることにした凪沙は、「好きであんた預かるんじゃないから。言っとくけど、わたし子ども嫌いなの」と初対面から言い放ち、対する一果も反抗的な態度を取ります。
 一果は中学校に通い始め、通学路にあったバレエ教室を覗いたことをきっかけに踊ることの楽しさを知りました。バレエを習うため、誰にも頼らずお金を稼ごうとする途中で一果は事件に巻き込まれ、そこで初めて彼女の孤独を理解した凪沙。やがて2人は、互いにとって唯一無二の存在へとなっていきます。「母になりたい」「一果の願いを叶えたい」と強く思う凪沙でしたが、そのためには多くの苦難が待ちうけているのでした…。

激しく感情をぶつけ合う共演陣

 監督は『下衆の愛』『獣道』など、壮絶なドラマのなかから時に醜く、美しい純粋な人間の内面を描き出す内田英治。少女の母親を演じる水川あさみや、凪沙の理解者であるショーパプのママを演じる田口トモロヲなど、TVドラマでおなじみの俳優たちが、今回の映画ではいつもとは違う表情を見せます。

c76a926d21ab413d813b25c64eb4bfbf 1024x683 - 『ミッドナイトスワン』草彅剛の熱演で話題の1作
©2020 Midnight Swan Film Partners

 登場人物たちが怒りや苦しみを激しくぶつけ合う、その先に感動があるとすれば、それは物語の鍵を握る少女・一果が踊るシーンです。渋谷慶一郎が作曲したピアノのテーマ曲をバックに一果を演じる服部樹咲が流れるように踊る、その美しさは過酷な現実との対比もあって大きな印象を残します。そのピアノ曲はこちらの予告編で聴くことができるので、興味のある方はぜひご覧ください。一切セリフを廃した見事な映像です

ミッドナイトスワン

TOHOシネマズ日比谷ほか、全国公開中
配給:キノフィルムズ