M・ナイト・シャマランのスリラー映画『スプリット』がおすすめ!
© 2017 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

ブルース・ウィリス主演の『シックス・センス』で一躍ハリウッドでもっとも注目される監督となったM・ナイト・シャマランが、監督、製作、脚本を務めた第一級のスリラー。女子高校生たちを連れ去った男、後に23もの人格を持つ解離性同一性障害者であることが判明する主人公を『X-MEN』シリーズでおなじみのジェームズ・マカヴォイが演じる。

M・ナイト・シャマラン健在を示した2017年のヒット作

幼くして8ミリカメラを手にしたM・ナイト・シャマラン。以降、ニューヨーク大学の映画学科に進み、98年には監督・脚本を手掛けた『翼のない天使』で劇場映画デビュー。大ヒットした『シックス・センス』や『サイン』、『ヴィレッジ』など、観る者の予測を超える結末はM・ナイト・シャマランならでは。監督、製作、脚本を務めた『スプリット』では23の人格を持つ誘拐犯と女子高生3人の攻防が描かれる。

『X-MEN』シリーズのジェームズ・マカヴォイが多重人格者を怪演

上品な女性、潔癖症の青年、9歳の少年など、23の人格を持つ誘拐犯を実力派俳優のジェームズ・マカヴォイが怪演する本作。特に突如として現れる人格の変化は要注目。表情はもちろん、語り口から雰囲気さえも完全に変えてしまう圧巻の演技は迫力満点。

24番目の人格は“ビースト”??

クラスで誰とも打ち解けず浮いた存在の女子高生ケイシーは、同級生の誕生パーティに招待されるが帰り道で何者かに襲われ、同じ車に乗っていたクレアとマルシアと共に誘拐されてしまう。彼女たちを誘拐した犯人は、23もの人格を持つケヴィンだった。見知らぬ部屋に監禁されたケイシーたちは何とか脱出を図るが、やがてケヴィンの中に恐るべき24番目の人格が目覚めていく。

ザ・シネマ

スプリット
 10月17日 21:00~23:15(字幕)
 10月23日 12:30~14:45(吹替)
 10月23日 21:00~23:15(字幕)