サクセスストーリーとしてもラブロマンスとしても見応えある映画『ザ・エージェント』
Ⓒ 1996 TriStar Pictures, Inc. All Rights Reserved.

トム・クルーズ主演のヒット作『ザ・エージェント』。
トム・クルーズというとド派手なアクションのイメージがあるかもしれないが、そういう類の映画ではない。
けれども、ピンチに立たされた主人公が仕事に恋に奮闘していく姿が爽やかに描かれていて、サクセスストーリーとしてもラブロマンスとしても見応えは十分に満足のいく作品だ。

理想を求めたために会社をクビになった彼は…

有名スポーツ選手を多く抱えるスポーツ・エージェント会社で働く敏腕代理人のジェリー。
ある日、高額な年棒の獲得を最優先する会社のやり方に疑問を感じ、自分の理想を提案書としてまとめたところ、ジェリーはあっけなく解雇されてしまう。
やむなく独立することにしたジェリーだが、彼に付いてきてくれたのは会計係のドロシーだけだった。
しかも、有力クライアントを元同僚に奪われて彼の担当は落ち目のアメフト選手ロッドだけとなり、婚約者エヴリーにも見捨てられてしまう。

くじけない主人公をトム・クルーズが好演

金儲け主義の会社の方針が嫌になって自分の理想を掲げると会社をクビに。
そんな主人公をトム・クルーズが好演し、くじけずに頑張ろうとする彼をついつい応援したくなる。
アカデミー賞では作品賞をはじめ5部門にノミネート、落ち目のアメフト選手を演じたキューバ・グッディング・Jrは助演男優賞を受賞している。

キュートなレネー・ゼルウィガーを堪能して

主人公の相手役であるドロシーを演じたのはレネー・ゼルウィガー。
本作に大抜擢された彼女はその後、『ブリジット・ジョーンズの日記』で大ブレイクし、2019年の『ジュディ 虹の彼方に』では往年のスター、ジュディ・ガーランドを演じてオスカーを獲得している。
今や貫禄さえ感じさせる彼女だが、本作ではフレッシュでキュートな魅力を放っている。

放送情報

ザ・シネマ

[字]2020年10月27日(火)12:30~15:00[PG12]
[吹]2020年10月29日(木)12:30~14:30[PG12]
※29日は金曜ロードショー版

(情報は記事公開時のものです)