もしもビートルズのいない世界だったら?『イエスタデイ』(2019年)

 もしもビートルズの存在がこの世からなくなったら、そしてビートルズを知っているのが自分だけだったら? 
 ミュージシャンの夢を追う青年・ジャックが、自分の曲としてビートルズの名曲を次々に発表。瞬く間にトップミュージシャンへの階段を駆け上がっていく…。
 監督は『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル、脚本は『ラブ・アクチュアリー』のリチャード・カーティスというタッグで届けるコメディ作品。

あらすじ

 イギリスで、売れないシンガーソングライターとして活動するジャック。マネージャーで親友のエリーと一緒に二人三脚で活動をしてきたが、ライブの観客数はほぼゼロ。ミュージシャンの夢を諦めることにしたジャックは、エリーにそのことを伝える。帰宅途中、世界中で同時に起きた12秒間の謎の大停電中に、ジャックはバスに追突されてけがを負ってしまう。
 無事に退院し、新しいギターをプレゼントされたジャックは、友人たちの前でビートルズのイエスタデイを演奏した。すると、友人たちは初めて曲を聞いたかのように絶賛したのだ。からかわれたことに戸惑い、怒りさえ覚えたジャックだが、家に帰って調べると、世の中からビートルズの存在が消えていることに気が付く。
 ジャックは売れたい一心で、次々にビートルズの曲を自分の曲として発表。次第に世界から注目され、アーティストとして有名になっていくが、ある日、自分以外にビートルズの存在を知る人々が現れて…。

なくなるものの基準って? 謎が多い世界観

 12秒間の大停電の後、この世からなくなったものはビートルズだけではない。作中では、有名バンドのオアシス、コカ・コーラ、タバコ、ハリー・ポッターが消えている。果たしてそこに何かしらの法則はあるのか?
 オアシスはビートルズの影響を大きく受けているバンドなので、ビートルズが消えたためにオアシスも消えたのかと思いきや、オアシスに影響を受けたキラーズは存在している。
 そしてコカ・コーラはなくなってもペプシは存在している。競合他社が存在しているのはなぜ?ハリー・ポッターもよくわからない。
  そこで、筆者なりに仮説を立ててみた。頭文字のアルファベットA~Zから一つずつ消えているという説はどうだろうか?(タバコがcigarettesではなくtabaccoだったらの話だが)。
 作中で確認できたもの以外になくなっているものを予測するのは難しい。そもそも大停電の原因も不明だが、おそらく再び同じような大停電が起こらない限り、もとの世界には戻らないのではないだろうか。

印象的な登場人物

 何といってもエド・シーランのご本人登場だろう。エド・シーラン役として、特異な存在感と自然な芝居をみせている。ジャックと即興で音楽制作バトルをするシーンでは、負けたエド・シーランが、ジャックに対する尊敬と負けた悔しさが入り混じったような反応をしていたのが印象深い。
 そしてストーリ終盤、ジャックがまだ生きているジョン・レノンに会いに行くシーンがあるのだが、ジョン・レノン役が本人に激似。あれ、本人なわけないよなぁ、と思いながら最初は不思議な感覚になった。役者さんが似ているということもあると思うが、現代の美術の力はすごいなと感心させられた。

さいごに

 ビートルズの名曲で有名アーティストの仲間入りをしたジャックだが、心のなかは常に「盗作をしている」という罪悪感でいっぱいだ。そしてある日、最も恐れていた事態に陥る。自分以外にビートルズを知っている人々と対峙することになったのだ。彼らの反応は、そしてジャックの決断とは?
 ジャックが有名になるまでの展開はスピーディーだが、その後の流れはとても分かりやすく、期待を裏切らない。ビートルズに詳しくてもそうでなくても、万人が楽しめる作品だ。