『TENET』のクリストファー・ノーラン監督の出世作『メメント』

話題作『TENET』のクリストファー・ノーラン監督が気になったなら、彼の出世作と言える『メメント』をチェックしよう。『TENET』もさることながら「時間」にこだわるクリストファー・ノーラン監督らしく「時間」が鍵となる『メメント』。時系列通りとは行かずパズルのようなプロットで進んでいく一筋縄ではいかないスリラーだ。

記憶障害となった主人公が犯人を追うが…

保険調査員をしていたレナードの家に何者かが侵入し、妻がレイプされて死んでしまう。レナードは事件のショックで前向性健忘症となり、事件以前の記憶はあるもののそれ以降は10分間しか記憶を保てなくなる。そのためにポラロイド写真を撮ってはメモを書き、重要なことはタトゥーとして体に刻みながら、レナードは復讐のために犯人を見つけ出そうとする。

誰かと一緒に見て鑑賞後に語り合うのもいい

主人公レナードが保てる記憶はものの10分。それ以上はたとえ重要な事項でも忘れてしまう。レナードに関わる人物は誰もが怪しく見えて、レナードとともに見る者も疑心暗鬼に陥ってしまいそうになる。ヒントが散りばめられているが、話が進むにつれ謎も増えてゆく。きっと見た後に話をしたくなるから誰かと一緒に見るのがオススメ。

ガイ・ピアースがタトゥーだらけの主人公を熱演

主人公のレナードを演じるのは『L.A.コンフィデンシャル』や『アイアンマン3』などのガイ・ピアース。体のあちこちに犯人解明のヒントとなる文字のタトゥーを入れた姿で、何かに取り憑かれたように真相を追うレナードを力演。また、レナードを手助けするナタリーを『マトリックス』シリーズのキャリー=アン・モスが演じている。