ダーレン・アロノフスキー監督のおすすめ映画4選

今日までに国内外問わず多くの映画作品が公開されてきましたが、いつの時代も作品の全てを背負う存在こそが映画監督です。今回は、そんな数多くの映画監督たちの中から、ダーレン・アロノフスキー監督の作品をピックアップして紹介!

レスラー

男の生き様を問う映画賞54冠の傑作

栄華を極めながらも落ちぶれた中年プロレスラーの孤独と哀愁の半生を、ミッキー・ロークが熱演した感動のドラマ。 医師に引退勧告されたランディ。新しい仕事に就き、娘との関係修復を図るが、苦境に陥り彼が取った行動とは…。

08年米=仏[監]ダーレン・アロノフスキー[出]ミッキー・ローク ほか

ブラック・スワン

苦悩の果ての悦楽のダンス!

重圧、嫉妬、野心に苛まれるバレリーナが、精神の混乱の末に迎える悲劇を描いたサスペンスドラマ。「白鳥の湖」のプリマに抜擢されたニナは、可憐な白鳥は踊れても、生真面目ゆえに一人二役の黒鳥の魔性を表現できず、追い詰められる。

10年米[監]ダーレン・アロノフスキー[出]ナタリー・ポートマン ほか[R15+]

ノア 約束の舟

ファンタジックに描いた旧約聖書の伝説

“ノアの箱舟”の伝説に独自の解釈を加え、重大な使命を背負った主人公の苦悩と壮大な旅路を描くアドベンチャー。

14年米[監]ダーレン・アロノフスキー[出]ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー ほか

マザー!

日本未公開の傑作スリラー

「ブラック・スワン」のダーレン・アロノフスキー監督が手掛けた作品。次々現れる不審な訪問客による恐怖を描く。

17年米[監]ダーレン・アロノフスキー[出]ジェニファー・ローレンス、ハビエル・バルデム ほか

あの手この手で観客を楽しませる監督の手腕、その魅力はぜひ作品で確認してみてください。今後もさまざまな作品をご紹介していきますので、また当サイトでお会いしましょう。