秋アニメの目玉『ハイキュー!!』を劇場版総集編で気軽におさらいしよう!

2020年秋クールで、新型コロナウィルスの影響のため延期になっていたテレビアニメシリーズの第4期『ハイキュー!!TO THE TOP』の第2クールがいよいよ放送開始!
この秋期待のアニメランキングで堂々の1位に輝くなど盛り上がりを見せている。
とはいえ、今から話題作を見てみようと思っても途中からじゃなんだし、何話もあるアニメシリーズを1話1話見るのは時間がかかる…と尻込みしてしまっている方にはコレ!
テレビアニメシリーズの劇場版総集編で気軽におさらいしよう。
劇場版総集編第1作は『ハイキュー!! 終わりと始まり』だ!

バレーボールにかける青春の姿が熱い!

「週刊少年ジャンプ」での8年半に及ぶ連載が終了しても、なおも人気が衰えることなく長く支持されている『ハイキュー!!』。
バレーボールに青春のすべてをかける男子高校生たちの熱い姿が感動を呼ぶ青春スポーツドラマだ。
見ていると思わず手に汗握って彼らを見守っている自分がいるはず。
『ハイキュー!! 終わりと始まり』はテレビアニメ・シリーズの第1話~第13話をベースに描いている。

烏野高校バレーボール部に入部した日向は…

身長は決して高くはない選手が活躍する宮城県立烏野高校の試合をテレビで見て、バレーボールに魅せられた日向翔陽は、無事に烏野高校に進学する。
バレーボール部で中学時代に試合で負けた影山飛雄に出会いお互い反発するが、チームメイトとして絆を深めていくようになる。
そんな中、因縁のライバル校である東京の音駒高校との練習試合が決まる。

ハイスペではない者たちの奮闘が胸熱!

『ハイキュー!!』の主人公・日向翔陽は163cm弱と、バレーボール選手としては小柄な体格。
高いジャンプ力と機敏な動きで体格をカバーして奮闘する。また、烏野高校バレーボール部はかつては強かったものの、今は鳴かず飛ばずな成績しか残せていない。
そんな、決してはじめからスペックが高いわけではない者たちが時には悔しい思いをしながらも、あきらめずに一歩一歩前進していく姿が見るものの胸を熱くするのだ。